いままでに色々なダイエットサプリを試しました。

一番効果があったのはカロリミットでした。

これは「自分が食べた炭水化物のエネルギーをこのサプリが吸収を阻害して、食べなかったことになる」というもので、確かににこれを使い始めてから約5ヶ月でかなり落ちました。

とはいえ、サプリもそれなりに費用がかかります(ファンケルは安い方ですが…)。

それで、あまり沢山食べないで我慢できたときは、サプリを摂らず、スパゲッティやうどん、また外食などをする時限定でサプリを飲んでいました。

こんな感じで「今回炭水化物を我慢すれば、サプリ一回分節約できる」という少々セコい考えで食事の量は減っていきますし、またこうしたサプリを使用することで心理的に「今はダイエットをしている」ということが、常に頭の片隅にあるので食事の時は無意識により油分の少ないもの、炭水化物の少ないものを選ぶようになります。

こうした努力が知らないうちに習慣化して、少しずつ体重が落ちていくのがこうしたサプリメントの二次的な効果のように思います。

どんな薬やサプリよりも、食事制限や運動に勝るものは無いのは事実です。でも、前述の体験からサプリメントの使用は、実際の減量効果に加え、食生活をより相応しいものに変える機会を開くので有効だと思います。