世の中でパソコンの進化ほど劇的なスペック上昇するものはないのではないでしょうか。
10数年前にBTOパソコンを買って以来、ハイスペックなパソコンを追うようなことは無くなりましたが、当時のハードディスクの一般的な容量が今ではメモリの容量程度になっていますし、CPUやグラフィック性能に関しては5年も経過すれば最新のグラフィックがまともに動かないという状況です。

年に数回モデルチェンジする家電業界でさえ、故障以外の理由で今はまともに動かないということは無いですよね…

しかし、パソコンの場合、今のスペックで無ければ最新のOSもブラウザも激重なのです。
私の場合、10年前にPCゲーム(主にネトゲ)をしていて、ここ最近時間的にも余裕が出て最新ゲームをしようと思いましたが、まあ、浦島太郎状態です。

すべてのパソコンのパーツスペックが上がりすぎて適切なものを選べなくなっていましたし、互換メーカーも増えすぎて、これも最善の組み合わせを選ぶ為に必要な知識の敷居が上がりすぎて居ると感じます。

そこで、ゲーミング専用に組み上げられたPCを買おうと思いましたが、基準となるスペックと選択に悩んだので、ゲーマーが紹介しているおすすめのゲーミングパソコン2018年というリストを見てミドルクラスのPCを購入する事にしました。

おおよそやりたいゲームに対して要求される性能でハイミドルローのランク付けをしてくれているので、ネトゲ浦島太郎の私の場合真ん中のランクを買っておけば動いてくれるという安心感があります。