仕事面では完璧主義者というか、頼まれたからには相当な無理をしてでも仕上げなければ気が済まず、やるからにはミスや手抜きは許せないとう性格なのが災いし、精神的にも肉体的にもかなり追い詰められていました。

提出期限を忘れていたという、準備期間が非常に短い書類の作成や、細かい数値を拾い続けなければならない根気のいる作業を任される機会が増えて行き、勤務時間内に終わらない時には、早出をしてみたり、物によっては自宅に持ち帰っていたので、時間外手当が付くわけでもないのですから、頼む方としては便利な存在ですよね。

今までやってきた事を、今更「出来ません」と言う事も出来ず、毎日が辛くて転職をしたいと思っていた時期に、知人から会社を立ち上げるので来てくれないかというお誘いを頂きました。

タイミング的にはとても良い時期に声を掛けられたのですが、何の実績も無い新しい会社に勤めるのには若干の不安がありました。

退職してお誘いを受けるべきか、別の企業に転職するか、転職そのものを止めるべきか、いくら考えても答えが出なかったので、占いのお世話になる事にしました。

通勤駅の川越で占いを探したら、よく行くマインの三階(川越駅の隣接ビル)にありました。

ちょうど移り変わりと冒険の時期にあたるという事で、転職する事は悪い事ではないけれど、ほんの少しだけ時期が早いという結果が出たので、翌日には退職願を書き、引継ぎ期間の6ヶ月を過ごした後に退職をしました。

そして少しずつ実績を重ねながら、待ってくれていた知人の会社にお世話になる事になりました。

悩んでいる時というのは、思考の袋小路にハマってしまいやすいんですよね。
最終的に決断をするのは本人ですけど、占いはそんな袋小路から抜け出す手助けをしてくれる有難い存在ですね。