私は以前営業職で働いていました。

その時は月給制プラス歩合で安定していたので不満はありませんがただ給料があまり良くありませんでした。でも、仕事自体は楽しく毎日充実した日々をすごしていました。

そんな時オーナーに代理店契約を結ばないかと話を持ちかけられました。
私の取り分は売り上げの70パーセントをもらえるという話でした。
そのとき私は若かったし挑戦しようと即決で決めました。

始めは事務所、車やその他もろもろの事務用品や仕事で使うものをそろえるのに多少のお金はかかりました。がしかし代理店ということで商品、事務的処理の書類、道具等必要なものは同じものを使えました。

確かに始めは難しかったのですが何より代理店ということで商品自体の信用性、なれたものを売るということで仕事に関しては今まで通りのことをするだけでした。

事務処理も今まで一個人でしていたものと会社全体の売り上げ報告や仕入れ等の手間隙はかかりましたが売り上げの約70パーセントをもらえたので人を雇ってももとの給料よりはるかに良くなりました。

今年に入ってからは、IP電話の代理店募集を見かけるようになり、私自身も企業の際に電話をネット回線にしたくらいですので需要があるのではと思い申し込みました。

もちろん代理店を結ぶということは社長になるということなのでプレッシャーもかなりあります。が同時にやる気も人一倍出ます。

何より代理店のメリットは自分が一から作るのではないので心配事は減ると思います。

すでに出来た商品やブランド名、社名を背負うわけなので正直楽ではあります。

ただあとはいかに自分のオリジナリティーをだし頑張るかで売り上げ自分の収入もはるかに変わると思います。