私の姉は歯科医院で勤務している歯科衛生士です。

今回インプラント治療をすることになって、歯科治療について教えてもらったことをメモ代わりに投稿したいと思います。

歯が無くなった時の選択肢が

1.入れ歯
2.ブリッジ
3.インプラント です。

良く歯が抜けたままの人を見かけますが、これは一番良くありません。

噛み合う歯が挺出(噛みあう相手を求めて飛び出てくる事)してきたり、横の歯が抜けた歯の方へ傾いたりして歯並びが悪くなります。
歯並びが悪くなるとどうなるか?
清掃性が悪くなり、虫歯、歯周病のリスクが高くなり、噛み合わせが悪くなると咀嚼力も低下し、良く噛めなくなって胃腸の負担が増えたり、果ては姿勢にまで影響を及ぼします。
そして歯がなくなった周りの骨までどんどん痩せてきてしまいます。
もし、無くなったのが前歯だとどうでしょう。見た目が悪くなり、貧乏臭くなると思いませんか?

そこで、どうにかして抜けた歯の機能を補ってやらなければならなくなるのです。
まず、1番の「入れ歯」。
歯を失う原因や年齢はそれぞれですが、「入れ歯」と聞くとまず想像するのは「お年寄り」でしょうか?
若い方は「入れ歯」を入れることにかなりの抵抗があります。
そうでなくても、食事のたびに外して歯と入れ歯、それぞれを磨く必要がありますし、天然の歯の様に、なんでも噛める、という訳には行きません。
お友達との食事会、旅行にも積極的になれなくなってしまう人がおられます。
次に2番の「ブリッジ」。
基本的な構造は抜けた歯の隣の歯を橋桁として橋をかける事。橋=ブリッジですね。
セメントで取れないように固定しますので、外見、機能上は今までとは変わりません。
が、歯磨きの時に歯間ブラシが必須になるので、衛生士的には、ブラッシングの指導を受けていただきたいですが・・・。清潔に保つことが長持ちの秘訣です。
ブリッジは、抜けた歯がどこの場所かによって出来る場合と出来ない場合があります。
一番奥の歯が抜けてしまったら奥に橋桁が無いので、橋をかけることが出来ません。
また、何本なくなったかによっても強度が足りずに出来ない場合もあります。
そもそも、無くなった歯の負担も、橋桁の歯に負担がかかるので、その歯の寿命も短くなってしまうことがあります。仮に無くなったのが1本だとすると、3人分の仕事を2人ですることになります。
神経を残して被せを作ることも出来ますが、後々、しみたりすることもあるので、「神経を抜く」治療をしてからブリッジにすることもあります。神経の治療を行った場合は、また根っこが割れる可能性が高くなりますし、もし橋桁の歯に虫歯がなければ、何とも無い歯をわざわざ壊して治療を行うことになります。おそらく、保険の範囲内での治療の場合はブリッジが一般的かと思われますが、以上の点からも、必ずしも最適な治療とは言えません。
最後は「インプラント」です。
これは無くなった所の骨に直接金属製(チタンなど)の柱を植え、歯茎の上に出た柱に人工の歯をつけるという外科手術を伴う治療です。歯の固定の方法は色々ありますが、固定式です。
これも見た目、機能的に自分の歯と同じです。
ブリッジと違って、1人ずつがそれぞれの仕事をしますので、周りの歯への負担も無く、私は欠損補綴(無くなった歯の治療法)の一番理想的な治療と考えます。
が、インプラントは板に釘を打つ様な治療なので、板(骨)が無いと、釘は打てません。また、釘が短いと強度も弱くなるので、ある程度の長さが必要になります。大前提として骨があることが条件です。
また、外科手術を伴いますので、骨粗しょう症の薬や、血栓防止剤の服用、糖尿など、全身状態によって出来ない場合があります。
それに、もう一つ高いハードルがあります。入れ歯、ブリッジと違って、保険適応外の治療になりますので、高額になります。
治療法としては柱を植えたその日に歯として使い始める方法と、柱を植えた後、骨が柱の周りに絡みつくのを待ってから上に人工の歯を付ける方法があります。後者は状態によりますが、3~6ヶ月かかる場合があります。なので、その間は入れ歯か仮の歯でブリッジが必要になりますね。
でも、いずれはちゃんと入れ歯からも卒業でき、綺麗な歯が入るまでの間の我慢、と前向きに考えることができると思います。

以上、一般の方に出来るだけわかりやすく書いたつもりですが、いずれの治療にしても、それぞれ一長一短あり、一概にはお勧めできませんが、諸条件をクリアできるのなら、私のおすすめは
インプラント>ブリッジ>入れ歯、の順です。
まずは自分の状態を良く説明してもらい、納得の行くまで主治医と相談し、どの治療にするかを選んでください。
そうすることで、自分にとって一番良い結果に辿り着けるのではないかと思います。
一番大事なのは「自分にとって」何が一番大事なのか、自分自身で選ぶことだと思います。