自分の結婚式の打ち合わせを進める中で、一番時間がかかったのが衣装合わせでした。

結婚式のお色直しの中で、和装を入れるか入れないか悩んだ結果ばっちり和装をすることにしました。

何着の衣装を着るのか、ドレスを着るか、着物を着るか、というたくさんの選択肢の中でドレス2着、着物1着という決断をしました。

着物を着ることを決めた理由は、主人の袴姿を見てみたかった、ということです。

私は成人式の時に着て、結婚式で着なくてもこれからも着る機会が多々ある和装ですが、主人は結婚式を逃したらもう一生着ることがないかもしれません。

一度見て写真に収めておきたい、という気持ちが大きかったです。(実際は、和装を前撮りして、式では別の着物を着ました。)

実際、結婚式で着たらとても評判が良かったです。

特に私や主人の祖父祖母はとても喜びました。
やっぱりお年寄りはドレスよりも和装の方が良いみたいですね。

和装が敬遠される一つの理由は、かつらをかぶることだと思うのですが、私は自分の髪の毛が長かったので、自分の髪の毛で和装にあう形を作って頂きました。

かつらだとその後の衣装で髪がつぶれてしまい、セットしづらいようですが、自分の髪で作るとその後のドレスも、二次会用のセットも普通に出来ました。

カラーリングしている髪の毛でも、着物の色を合わせればそのままで大丈夫です。

私はカンガルー婚になってしまいましたが、苦しく感じることもなく過ごせたので和装を出来て本当によかったです。

やっぱり一生に一度のイベントでは和装の夫婦を見たいです。