私の勤め先では、事業ゴミは横浜のゴミ処理の業者さんに一括して処分してもらっていますが、先日町内の小さなお店でゴミを家庭ごみで処分しているのが問題になりました。

営業ゴミ、産業廃棄物のエピソードといえば思い出すことがあります。

私は介護の仕事をしていますが、施設で使った使用済みオムツ類は産廃扱いということだそうです。

そのことを知って知らずか、一般ゴミとして分別して出してた施設というかグループホームで働いた時のエピソードです。

たまたまバイトで勤めたそこは、専門的にはディサービスと施設的生活を持つ小規模複合施設といい、一般の民家を改造して作られたところでした。

入ったばかりの私は、ゴミ出しをするよう言われてゴミ捨て場の場所を教わって捨てたのです。

そこは一般のゴミ捨て場でした。

ある日、同じように捨てに行ったあとそこの近所の人が怒鳴り込んできたことがあったのです。ゴミ袋が敗れたり、カラスが破って中をひっくりかえして生ゴミを漁って困るじゃないかと。

その時になぜか捨てに行った私が施設の管理人の代わりに怒られ、片付けまでさせられてひどく腹が立ったということがありました。

その時に、ゴミ捨て場近所の人が「アンタのところはオムツなんかをどうして一般ゴミで捨てるんだ?

施設で出たそれらの物は産業廃棄物で専門の業者に頼まなきゃいけないんじゃないのか」と言われたことです。

そういえば、そこ以外で勤めたとこは専門の業者が引き取りにきてきたのでした。

今となっては非常識な事をしていたんだなと言う事がよく理解できますね。