一昨年に結婚式の二次会パーティー用のビデオを作りました。

写真を簡単に編集できるムービーメーカーを使用して作成しました。

ムービーメーカーは動画や音楽も加えることができるので作成者のセンスでどんな動画も作ることが出来ます。

動画の内容は幼少期から結婚までの新郎新婦の成長がわかるような内容にしました。その中には小学校から大学までの友人との写真を載せました。

パーティーに参加しているメンバーを写真に載せることで、懐かしさを感じられる構成にしました。

動画を見た友人達は非常に感動していて泣いている人も多々いました。

写真も大切さですが、その際に流す音楽も非常に大切だと思いましたがこれは非常に難しく、業者の作った結婚式ムービーを見ていると、

技術もそうですが使っているソフトも本格的な編集用ソフトなのだろうなと思いました。

写真の感動的な部位と曲の盛り上がるタイミングを同じにすることで、実際に見ていると気分が高揚します。

結果的にはとても良かったのですが、失敗したことはパーティー直前に動画の視聴トライをしたところ、機器との相性が悪かったために動画が止まってしまう不具合がありました。

お店の方から要望された日に動画を渡していてトライをして頂けるはずでしたが、実際はしっかりとトライをして頂けていなかったため、パーティー直前に念のために確認した時に不具合が発覚しました。

パーティー中に動画を変換してなんとかなりましたが、お店に任せるのではなく自分達で現物確認することが大切だと思いました。