ネットの小遣い稼ぎ

ネットの小遣い稼ぎって簡単に思えて実はすごく大変な事。
3年ほど前にアフィリをはじめて、その後、SNS広告系に行って、何度か稼げたりダメになったり。

そこで分かったのがネットで何かを売るというのは、100か0かという事。
なにせ一日数百人が見る記事を書いても一ヶ月ゼロというのがザラで、かと思えば一日10人程度の記事でポンポン物が売れたりします。

当然そのキャッシュバックは毎月ばらつきが大きすぎて当てにできないのです。

そこで三年目にして辿り着いたのが、クラウドワークとポイントサイトです。
クラウドワークは、文字当たりの単価が決められた文章を提出していくらという仕事で、文章を書くのが得意なら確実に収入になります。

それにポイントサイトも需要が多く、ゲームが趣味ならゲーム紹介、通販を良くするならネットモール、など「軸」となるネタを決めて紹介していけばかなりの登録を集める事ができます。

また、単純にポイントサイトのポイント発声条件を暇なときにクリアしていくだけでも一ヶ月を通してみると、小遣いレベルで安定してキャッシュバックがありますし、最近ではクラウドソーシングを行うとポイントが発生する案件も増えてきましたので、両方の良いとこどりをすることができるという利点があります。


高収入求人の情報

私はIT関係の仕事をしているという事もありますが、フリーランスに近い仕事形態の友人が普通のサラリーマンより多いと思います。

フリーランスの良いところは、通常の自営業と違って自分の本業にあたる仕事が少なくなったら他社の仕事をしたり、極端に言えば就職し直すのもすごく自由なんですよね。

先日もWEBデザイナーの友人が、最近就職したと聞いたのですが、驚いたことにハンドJOBグループという完全に夜のお仕事の会社でした。

友人は昨年末くらいから本業の仕事が先細りになって、フリーランスの宿命でもある仕事減少期間に少し借金を作ってしまいました。

初めは単純に男性の高収入求人の情報を探して種銭を稼ごうと考えていたようなのですが、風俗系のお店のスタッフから広告企画に関わるようになり、結局元のウェブデザイン仕事に近い形態の仕事を任せられるようになったそうです。

夜のお店のホームページを見れば納得ですが、こういったサイトはキャッチ―なネットマーケティングの技術が全てつまっているウェブ広告のお手本ともいえるものですので、少しお金を稼ぎたいと考えて入った会社で自身のスキルが存分に生かせることになったそうです。

しかも、一般的な作業工数で通常より単価が高いのがこれらの業種の魅力でしょう。

再度独り立ちするために高収入の仕事を探していただけなのに、自分の能力を活かせて、以前より収入が良くなったのですから、かなり運の良い巡りあわせであったのではないかと思います。


ヨーデルのヨ~ロレイヒ~

私は学生のころからワールドミュージック、特に世界の伝統音楽が好きでレコードやCDを集めています。

とはいっても世界は広く、伝統音楽なら何でも知っているというわけではありません。

しかし、普段邦楽の歌謡曲しか聞かない人にとっては、格段に音楽を良く知っているように思われるらしく、先日も全く専門外の質問をされて困りました。

「ヨーデルのヨ~ロレイヒ~って何語?どんな意味?」

う~~~ん。わかりませんw

ヨーデルについてはカントリーヨーデルというアメリカのジャンルなら少しコレクションはもっていますが、上記は本場アルプスのヨーデルだと思うんですよね…

もともと、ヨーデルは歌の歌詞の様で意味の無いファルセットの言葉遊びや発声があるので、全部に意味のあるものではなかったはずです。

スマホでササッと調べてみると、「hodl layee」というスペルが出てきましたが、やはり発声を歌詞に直しただけのような気がします。

この事で発祥の地であるスイスやドイツのヨーデルも聞いておいた方がいいなという気になり、ヨーデルの日本人の方を探してみたのですが、現役でアルプス地方で活躍されている北川桜という女性ヨーデル歌手の方にたどり着きました。

日本人の歌手なので本場の歌詞では発音に不利なのでは?と思ってスイスの歌手のヨーデルも聞きましたが、まったく遜色が無いように思えますし、実際にスイスやドイツで賞もとられています。

日本人が、そういった遠い国の伝統音楽で注目されているというのは、すごく誇らしい気持ちになりますね。


1 2 3 39